アルガンオイルのある暮らし:Aromavert

ご注文はこちら

News

お知らせ


News

妊娠線(ストレッチマーク)の予防に♪ 産後や赤ちゃんにも使えるアルガンオイル

2013.10.01

妊娠時のお悩みの一つである妊娠線。
アルガンオイルは妊娠線(ストレッチマーク)の予防にも効果のあるオーガニックオイルです。

なぜ妊娠線ができるの?
私たちの皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下脂肪の三層構造になっています。
一番外側の表皮は伸縮性があるので、お腹が大きくなっても比較的スムーズに伸びますが、
真皮と皮下脂肪は伸縮性が少なく、急にのびたり広がったりできないので、表皮の下に断裂、
つまり妊娠線(ストレッチマーク)、肉割れができてしまいます。
急激な体重増加や、腹囲の増加が大きな原因ですが、皮膚の乾燥、血行不良、
ホルモンバランスの変化によるターンオーバー(新陳代謝)の遅れ、栄養不足などによって
ハリが失われることも、妊娠線(ストレッチマーク)ができる原因となります。

妊娠線を予防するには?
妊娠線(ストレッチマーク)を予防するためには、体重をコントロールして急激なサイズアップを
防ぐことと、お肌を保湿してうるおいを与え、ハリのある柔らかい状態にしておくことが大切です。

アルガンオイルで妊娠線を予防しましょう♪
アルガンオイルが妊娠線(ストレッチマーク)に効果的な理由は、
その浸透力、豊富な栄養素、保湿力にあります。
◆浸透力:成分の約80%が肌なじみの良い不飽和脂肪酸。お肌に近い脂肪酸組織だから
素早く角質層の奥深くに浸透。オイルなのにベタつかない使い心地です。
◆豊富な栄養素:ビタミンE、リノール酸、ポリフェノールなどの豊富な栄養素を補給します。
(ビタミンEはオリーブオイルの約3倍)
◆保湿力:肌細胞を取り囲む脂質に良質な水分(脂質)を補給。
脂質の量を正常な状態に調整して保湿します。
お風呂上りなどにアルガンオイルをお腹周りに塗り、軽くマッサージしてください。
浸透→栄養補給→保湿の3ステップにより、お肌のターンオーバーを促進するとともに、
お肌をうるおいのある柔らかい状態に保ち、妊娠線(ストレッチマーク)を予防します。

産後や赤ちゃんのケアにも使えるアルガンオイル
出産後は、赤ちゃんの保湿ケアやベビーマッサージオイルとしても◎。
オーガニックの植物オイルですので、安心してご使用いただけます。
もちろん、美容オイルとしてお肌、髪、手足や指先のケアにも使えますので、
最後の一滴まで大活躍してくれる便利なオイルです。

古来よりアルガンオイルを受け継いできたモロッコ原住民ベルベル人の間では、
新生児が誕生した時にスプーン一杯のアルガンオイルを飲ませ、健やかな発育を願うそうです。

妊娠時はお腹の赤ちゃんのためにも、自然で体にやさしいものを使いたいですよね。
アルガンオイルは妊娠中のお友達へのプレゼントとしてもご好評頂いております♪

(THE GOATアルガンオイル商品ページはコチラです。)