アルガンオイルのある暮らし:Aromavert

THE GOAT - How to

アルガンオイルの使い方


01

クレンジングに1滴プラス 基本の美肌作り

普段お使いの洗顔クリームにアルガンオイルを1滴プラスして泡立てます。アルガンオイルに含まれる天然有効成分がお肌の奥まで浸透。皮脂量をコントロールし、お肌のバランスを整えます。まるでシルクのようなふっくらとキメのある雪肌へ。

02

肌年齢が気になるお肌に夜のシンプルケア

洗顔のあと、オイルを数滴手にとり、額、鼻、量頬、あごの5か所にのせ、お顔全体にのばしていきます。指の腹を使ってお顔の内から外に優しく馴染ませます。指のすべりが止まったら、ホットタオル(またはコットン)で軽く拭き取り、普段通りのスキンケア(化粧水→美容液→乳液)をします。年齢を重ねるのが楽しくなる、ハリとうるおいの土台づくり。

03

さらに気になるところに

目元、口元、首のシワなど、疲れがたまりやすく年齢が出やすいところには最後の乳液の前に適量をやさしく馴染ませてください。「若返りのマジックオイル」と呼ばれる理由がそこにあります。

04

冬のカサつきお肌に

朝の洗顔後、オイルを数滴とり、お肌をマッサージします。あとはティッシュで軽く拭き取り、化粧水、美容液、乳液の順にお手入れします。後はいつも通りにお化粧を。まるで天然のヴェールに包まれたような感覚でお肌をしっかりと保湿します。

05

特に乾燥が気になる日、疲れがたまっている日に

洗顔後、オイルを数滴手にとり、肌全体に馴染ませます。指をすべらせながらやさしくマッサージを行いましょう。ホットタオルを準備し、マッサージ後のお肌に5分間のパックを。その後はいつものスキンケアをしてください。翌朝まで続くしっとりとしたお肌がご体感いただけます。

06

月に一回のデトックス

本来お肌には自らの力で修復しようとする自己再生力が備わっています。しかし、毎日の美容液や保湿クリームによって甘やかされたお肌はやる気を失ってしまい、再生をストップしてしまいます。月に一回は「お肌を甘やかさない日」を作り、肌本来が持つ美肌力を高めていきましょう。

1日家でゆっくりできる日に、アルガンオイルでデトックススキンケアを行います。やり方は簡単。朝起きて軽めの洗顔をします。そのあとアルガンオイルを顔全体に馴染ませやさしくマッサージ。これでおしまい。夜までスキンケアやお化粧は一切しません。天然100%のアルガンオイルがお肌の内側まで浸透し、自己回復力を高めていきます。

07

官能的なボディ作りに:バスオイル

アルガンオイルを5~10ml(キャップ一杯)をお風呂に入れた後、軽く混ぜ合わせ、15分~20分ゆっくりと浸かってください。水分との相性が良いアルガンオイルの贅沢なエッセンスが身体全体にやさしく馴染み、ハリと潤いのある美しいボディラインへと導きます。エイジングが気になる全身の肌・筋肉に。冬の乾燥に。

08

こんな使い方も

  • 傷んだ髪に
  • 指先のケアに
  • 妊娠線に
  • 赤ちゃんのカサつきお肌に
  • 子供の乾燥肌、アトピーのケアに

オイルのイラスト

女性のイラスト

女性のイラスト

女性のイラスト